最近のトラックバック

日記・コラム・つぶやき

うたた寝

4月である。残り少ない平成の30年度の始まりは日曜である。
昨日に増して暖かいが今日は風が余計である。桜もこの強風で散ってしまいそうである。昼下がり、屋上に椅子を出して陽を浴びながらぼーっとしていたらなんだか眠くなったのでスマホとBluetoothのスピーカーを持ってサマーベッドを出した。
日焼けするなと思いながら古い曲を聴いていたらうとうととしてしまう。
途中、だんだん風が強くなって風の音でびっくりしたり、雲が飛んできて陽射しが弱くなるとすぐに分かるものである。あまりに風が騒がしくなったので起きたところ。
たかだか30分の、今の自分にしては随分贅沢な時間。

花見風呂リベンジ

また少し薄ら寒い感じになっていた。先週洗ったクルマに乗り込もうとするとこの辺りは砂埃が多いのか細かい砂ですっかり汚れてしまっているではないか。窓ガラスだけでも拭こうとすると雑巾は黄色くなってしまった。ひょっとして黄砂なの?と思いながらガラスを吹くと余計汚くなってしまった。
先週は花見露天風呂のつもりが既に散っていて露天風呂からは花見ができなかったので今度は少し北に向かう。出張帰りの午後に急に思い立って県境を目指して50分くらい行く。
いつもの行き慣れた温泉は、こうも天気が違うかというくらい今にも降り出しそうなくらい空だったが、桜は満開である。

Dsc_0362露天風呂の敷地内に大きな桜の木が2本あってお湯にも花弁が浮かんでいる。少し寒いくらいでずっと露天に浸かりながら花見風呂リベンジである。

久し振りの洗車

クルマを更改したのはまだ残暑の最中、1回クルマを洗ったがそれからは寒い季節になってしまいなかなか洗う気にならなくなっていた。でもどんどん汚れていくし今度の週末こそクルマを洗おうと決めた時に限って雨だったりして。雨なら雨でキレイになるからいいやと思えばそう具合よくはいかないものである。
今日は、朝から風もなく雲ひとつないいい天気だったので午前中のうちに洗うことにした。いやぁ汚いわ、半年洗ってないもんなと思いながらせっせと洗ってピカピカにする、どうせすぐまた汚れてしまうんだろうけど、まぁいい気分である。
お昼を少し回ってしまい、汗だくになってしまったので昼飯からビールでいい気分になってしまう。
今シーズン最初で最後の花見もしたし、菜の花も見たし、クルマも洗ったし、まぁいい週末だった、、、ってなんだか随分普通に地味である。

花見風呂

なんだか寒暖の差が激しすぎるだろうという感じである。桜の開花宣言が出てから激寒になって、また急にGWの頃みたいな陽気になったりで、このままでは次の土日を待たずに桜が散ってしまいそうだと思われた。
そこで、この辺より暖かいエリアの温泉に行って露天風呂から花見をしようという計画を、朝飯を食ってコーヒーを飲んでる間に思い付く。
ちょっと遠出になるのでそれなりの覚悟をして南へ向かう。
途中の峠道では道端に雪が結構な量残っているので驚く。トイレ休憩の道の駅では駐車場の脇に除雪したんだろうか雪がたくさん積まれていた。
峠を越えて南側に行くと雪の残骸もなく、やっぱり暖かいんだなと改めて思う。
昼前にすごい久し振りの温泉に着くも、桜は全く咲いていない。のではなく、とっくに葉桜になっていたのである。そうだっけ、この辺の桜は寒桜で2月には咲いてしまっていたんだっけ。露天風呂からは桜の木はたくさん見えたのだが、葉っぱだけだったのである。
仕方なく、お風呂上りに遠回りして種類の違う桜を見ながら帰路につく。川沿いの土手に桜が咲いている。ちょっとだけ早かったようで、もう少ししたら満開かなという感じ。道路を挟んだ反対側の田んぼは菜の花畑になっている。桜と菜の花を同時に見られるこのエリアが混雑するのは今度の土日だろうか。

寒いだろ

いつもより寒い日が続き、植えたのを忘れかけていた球根の芽が出ているのに気付いて驚いて、そう言えばなんだか暖かくなったよなと思う間もなく急に春が来た感じになっていて、結局桜はいつもより早く咲いたんだっけ、なんて言っていたら何だよこの寒さは。
関東ではまさに名残り雪なんだそうで、でもちょっと遅いよね。この辺は関東の天気予報を見ていた方が当たる感じなのだが、予定通り朝から冷たい雨である。
週の真ん中、雨なのでどこへも出掛ける予定もなく家でゆっくりしてるのも随分久しぶりな感じがする。平日が平日だけに、週末はあれやって、これやって、あれもやりたい、これもやりたいという風になっていて疲れは溜まる一方である。
今日も朝からいい天気だったら、とりあえずどこかに出掛けないといけないみたいな感じになってしまうところだった。
こういう充電の時間がたまにあると実によい。

北東に向かって

あの時は会議中だった。地震慣れしている地域なのに皆いつもと違うことに気付いていた。10分もしないうちに私は災害対策室へ招集がかかる。コンビニで水とパンを買ってクルマで10分くらいのところへ送ってもらった。直撃受けたらクルマで出動することすらできないんだよなとクルマを出してくれた部下と話したのを覚えている。
災害対策室のモニターに映る予想外の映像に愕然としながらも任務を果たすことに集中する。
夜中には移動電源車を東北へ運べ!とごった返していた。みんなが経験したことのない雰囲気の中に居た。
災害復旧に志願したけど、お前が行って何の役に立つのか?と行かせてもらえなかった。幸い、お世話になった福島の先輩も仙台の同期も無事だった。それから有給休暇で東北へ向かったのは5月だった。
今日は時報に合わせて北東に向かって手を合わせた。

みっちり

今年も年明けから富士山の雪は少なかった。何回も大雨とかあったが気温が高かったのだろうか、一向に雪が増えないまま春の足音が聞こえてきていた。年々雪が少なくなっているような気がするなと思いながら、先日の大雨で少しは増えただろうか、逆に融けてしまっただろうかと思っていた。
今朝も雲に覆われ富士山は見えなかったが、富士山の東側に回り込んだら見えるかなと思い、東方面の温泉に向かった。温泉に着く前に雲が嘘のように晴れて、くっきりと見えている。

Gotemba雪をたっぷり被って隙間がないようにみっちりしている久しぶりに見る雪景色である。しかし、3月中旬で桃の花なんかも咲いてる時期にようやく今シーズン初めて雪がみっちりした。

露天風呂からは真正面に真っ白な富士山が見えていた。

気象観測

屋上にルーフタワーを建てた時から、風向・風速計が欲しいなと思っていた。高い自立タワーでもないので関係ないんだろうが、どれくらい吹いているもんなんだろうと思っていた。外の温湿度、気圧、雨量なんかを測ってみたくて仕方なかったのである。
有線タイプとワイヤレスタイプがあって、ワイヤレスの方がいいのだが、当然ながら技適を取ってて国内電波法に抵触しないものを選ばないといけなくて、機種が限られてしまうので実は迷いようがなかった。

Kisyou

設置してからはいい天気が続き、早く雨が降らないかなぁと思っていたものである。寒い時期は朝、目が覚めたら真っ先に外気温を見てみた。気圧の変化で天気が悪くなるのも分かる。
でも、薄々予想はしていたものの、最近あんまり見なくなってしまった。外気温なんかは見るし、風の強い日はアンテナの向きを変えたりもするが、う~ん、ロギングソフトを買ってないのでデータを蓄積して週間とか月間のデータの推移を見れないので活用方法がいまいちである。
でも先日の大雨警報の時などは、すげぇーって思いながら雨量計をずっと見ていた。

花壇

10月だったか11月だったか、ほんと気まぐれで花壇を作り始めた。元々、砂利が敷いてあったので少し除けてブロックを積み上げようと計画する。しかし、いろいろ調べているとブロックを本格的に積み上げるには測量技術が必要だったりセメントを練ったりするのが面倒だということにすぐに気が付く。幸い、出来合いのブロック風のパーツを組み合わせて造れるものが普通に売ってることが分かり、極めて安直にそっちに走ってしまった。想像に難くなかったのだがぴったり組み合わせるのは意外に難しく、何らかの接着剤的なものを詰める必要がありそうなのだが、面倒なのでそのままにした。これでは蹴っ飛ばせば一気に崩壊する。土の重みでも自然に崩壊しそうである。
まぁいいや、土はちゃんとしたものを買って、石灰や肥料なんかで付け焼刃のガーデニングの情報を仕込んでやってみる。ちゃんと一週間寝かせたりしてとりあえず準備ができたのだが、元来手が汚れるのが好きでないので土いじりは向いてないと気付く。
花は何を買ったらいいものか、季節柄、葉牡丹とパンジーと後はなんだかよく分からないけど適当に購入し、秋植えの春咲きの球根の季節になってたので球根を物色していると驚くべきことに、土に還る紙のケースにいくつか球根の寄せ植えパックなるものが普通に売っていた。ああこれでいいやって30数個入ってるのを買って植えると言うよりケースごと土に埋めた。
元々あんまり花には興味がなかったのでそのまんまになってしまい、朝は眼を向ける余裕がなく、帰りは真っ暗で何も見えないし土日も横を通るのだが特に関心もなく実は忘れかけていた。野菜用にもう一箇所レンガを並べてネギとかイチゴとか植えてあったのだが、イチゴの季節になってるのにイチゴは全然なってないようである。
いつしかあの寒かった時期が何となく過ぎて暖かい日も混ざってきた先日、球根を植えたエリアに白い花が咲いているを見つける。う~ん、つぼみがあったのも知らないし、芽が出ていたのも知らなかったのである。ところで何が咲いているんだろう、、、

Kadan

チューリップではないようだ、球根で咲く花なんてチューリップ以外は見たって分からないのである。
こんないい加減な花壇でも植物は実に正直だ。春の訪れをちゃんと知っている。

停まってた時間

随分長い間、更新していなかった。完全に気持ちに余裕がなく、仮に物理的に時間があってもパソコンに向かう心のゆとりがなかったり、文章が思いつかなかったり、手が動かなかったりしていた。それでも背景画像だけは1ヶ月単位で季節の画像に変えていたが、ここにきてそれすらも更新できずにいた。
絵を変えなきゃっていう強迫観念もおかしな話で、趣味のためにイライラするのでは本末転倒である。
無線室の整備、無線設備の更改もなかなか計画通りに進まずイライラしていたがバカげた話で結局、随分時間をかけてようやく一旦落ち着いている。今でも未実施の計画があり、手を付けられないのが気になっているが、冬になる前に、年内に、年度内に、暖かくなる前までに、と言いながら全て過ぎてしまっている。別に誰かに怒られる訳でもないのでいいんだが、早く一旦のケリをつけたいとは思っている。
夏にはクルマを衝動買いして、しばらくは慣れるまでの期間や無線機とアンテナの設置で頭を悩ませ気が紛れていたのかもしれない。しかし、秋口に花壇の整備が終わってから深まる寒さと共に気分が沈んでいった。11月~12月は精神的に非常に追い詰められた感じになってしまい、日々過ごすことが精一杯になってしまっていた。
知らない間に新しい年も明けている。

2018hny

今年は屋上で初日の出を拝んでから初詣に出かけた。皆既月食もあったっけ、オリンピックもあった。なんだかすごい長い間ぼーっと過ごしてきてしまったように思う。
しかし、生き物は季節に敏感なもので、暖かい日があったりだんだん春が近づいてくるに従って気分も晴れてきたのである。何より少し前より腹が減るようになった。
本格的な春が来れば、取り巻く環境も変わることだろう。いい方にばっかりではないかもしれないし、悪くなってしまうかもしれないが、変わることはいろんな可能性を秘めている事に間違いはない。今よりも1mmでもいい方に行くのならその可能性に賭けて見ようと思う。

より以前の記事一覧

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ